--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2009-10-03

お話にならねぇ

酷い成績だなぁhhh
どこをどうやったら、コンナ成績になるんだって話だ。
特に愕然としたのはシリウスSのダークメッセージ。

一発はあるよ。
穴を空けるとしたらコイツ。
そう言うことを言っている記者が多かったにもかかわらず、軸にしていない。
情報の取り捨てが下手な人は、儲けられないって言うのがよく分かった一日だったよw
こういうハシボウ連発な日は、気持ち切り替えて明日取り戻すことにしよう。

とりあえず、スプリンターズSの全頭情報を流していくから、気になる人は見ていってくれよな。
1-1ヤマニンエマイユ (牝6、田中勝春・浅見秀一)
陣営はどちらかと言えば、左回りの方がいいんだけどなぁ…と話していたそうだ。
あと、踏み込みも甘くて、トモに疲れがたまっているような感じで、力を出し切れないのでは?って言う話が多い。
それに、この馬には1200が短いんじゃねぇかなぁと思うわ。

1-2アルティマトゥーレ(牝5、松岡正海・奥平雅士)
やっぱり一番軸に置かれてたのがこの馬だね。
正海もかなり色気を持っているようで、他の騎手からも、「正海の馬がいいんじゃねーかなぁ」って話がチラホラでているらしいよ。
仕上がりも万全だって話しだそうだけど、陣営は良馬場でやりたいと話していたらしいわ。

2-3トレノジュビリー (牡6、岩田康誠・藤原英昭)
穴党の人にはお勧めのコイツ。
札幌での疲れは無く、状態は更に上向いているそうだ。
追い切りでもラストまでキッチリ伸び脚を見せていたそうで、力は出しきれる状態にあるんじゃねーかな。

2-4キンシャサノキセキ(牡6、三浦皇成・堀宣行)
コイツはいきなりのGIになるんだけど、乗り込みは牧場でかなりやっていて、体制は整っているそうだ。
あと、堀先生はこの頃、記者嫌いになったのか、あんまり話してくれないらしいんだってよ。
そんな中で、本音を聞くって言うのは大変なことなんだろうけど、ポロッとこぼしてくれたのが、「三浦騎手なら、天性のゲートセンスでいい位置に付けてくれる。道中さえ折り合えれば、終い勝負でイイレースになるはず」だそうだ。

3-5マルカフェニックス(牡5、福永祐一・松永昌博)
前走のダメージはもう無いよと言うのが陣営の話らしいが、ほんとかよ?w
もちろん、阪神Cクレー走れれば、この馬にも目はあるんだろうけど、俺は信用おけないな。

3-6 グランプリエンゼル(牝3、熊沢重文・矢作芳人)
矢作先生はこの馬に掃討ハードな追い切りをしたらしいわ。
それというのも、前走の負けは完全に力負け。
その力を付けるにはハードに追いきって力を付けるしかないと思ったんだろうな。
陣営は馬場が渋って時計が掛かってくれれば、ありがたいと話していたそうだ。
そして、ここの陣営の作戦が仕掛けを遅らせて出し抜けを狙うらしい。
俺はその作戦は厳しいと思うけどな。

4-7 シーニックブラスト(セン5、M.ザーラ・D.モートン)
ココの陣営は、自信だけは、どこの陣営よりも一番だそうだw
日本に着てからきつい追い切りを行っていないのに、「これがいつものシーニックだよ!」と満面の笑顔で記者たちに話しかけるんだそうだ。
まぁ、全てが予定通りに進んでいると言う事らしいが、記者たちの本音を言うと、4~5番手くれーじゃねぇかなぁ・・・って話らしいよw

4-8アイルラヴァゲイン(牡7、津村明秀・手塚貴久)
陣営が「入着くらいなら…」とのこと。
オツカレサマデシタ。

5-9 ビービーガルダン (牡5、安藤勝己・領家政蔵)
シーニック陣営に、「気になる日本の馬を挙げるとするとなんですか?」この馬の名前を挙げたそうだ。
去年と同じローテなんだけど、脚質に幅が出てきて、今年の方がデキはいい。
陣営もここを目標に仕上げてきていて、何とか結果を出したいとのことらしいわ。

5-10ソルジャーズソング(牡7、内田博幸・鮫島一歩)
この馬に必要なのはパンパンの良馬場。
それが無ければ目は無いんじゃないか?という記者が多数。
良馬場であれば、一発があってもおかしくないよと話が多いいねぇ。

6-11プレミアムボックス(牡6、鮫島良太・上原博之)
この馬を穴に押しているのは1名だけだったかな?
外枠なら一発あってもいいって言うんだよ。
まぁ、調教ではイイ状態をキープしているって話らしいし、身のこなしも柔らかく順調だって言うから、もしかしたらあるかもしれないなw

6-12カノヤザクラ(牝5、小牧太・橋口弘次郎)
コイツはむりだろうなーって思ったら、今年は夏を越えてもガタッと来る素振りがないんだとさ。
ある程度、展開頼みになっちまう馬なんだけど、上がりが掛かればチャンスは有るんじゃないかな。

7-13ローレルゲレイロ(牡5、藤田伸二・昆貢)
前に行こうとする馬がコイツしか居ないからね。
下手したら残り目は十分なんだけどー・・・陣営のトーンは上がってこないそうだ。
本質的には1400mくれーがいいんじゃねーかなぁ。

7-14サンダルフォン(牡6、四位洋文・松永幹夫)
一言、オツカレサマデシタ。

8-15 アーバニティ(牡5、横山典弘・古賀慎明)
ノリさんはピサノパテックに乗りたかったらしいよ。
勝ち負けまでは厳しいでしょ。

8-16 アポロドルチェ(牡4、勝浦正樹・堀井雅広)
調教では、鋭い切れ味を見せていて、毛ヅヤもピカピカ。
状態自体は悪くないが、力関係では一枚劣るだろうな。
デキがいいだけにもったいないね。

とまぁ、コンナ感じ。
とりあえず、俺の軸は明日の馬場状態を決めて考えるわ。
それと明日のレースについては、今日の負けで気分ワリィから、明日にでも書こうと思う。
そういうの期待…してねぇよなw
でもまぁ、楽しみにしているって人は、応援ついでにクリックでもしてくれよなw



人気ブログランキングへ

にほんブログ村 競馬ブログへ
にほんブログ村

競馬
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。