--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2009-10-14

ブエナビスタの話

おはようさん。
先週も酷い競馬だったな。
ネタ的には悪くないんだろうが、テメェの馬券にならないレースばかり。

京都の最終でちょいと大きな馬券を獲ったが、それも大火傷に水をチョロっと引っ掛けた程度。
上手いこと最終だけ乗った人もいたらしく、俺もそういう馬券の上手い人になりてぇよw

ま、とりあえず、今週は3歳牝馬GIの最終戦。
秋華賞だな。
もう、殆どの人は知っているとは思うけど、1番人気が確定しているブエナの蟻洞とか、不安な話も出てきている中、さて、どんなネタが来ているのか?
読者さんからのメールで、ブエナの蟻洞はどうなんですか?なんて話もあったから、その辺も含めて今日は書いていこうと思うわ。

気になる人は続きでも読んでくれよな。
ブエナビスタが蟻洞だったのは確かな話。
この蟻洞ってのは、そう簡単には治らないものなんだよ。
時しか解決をしてくれないからね。
症状がどれほどのモノか、俺は直接見ていないからなんとも言えないけどよ。
重症ともなると歩くこともできないほどで、長期休養が余儀なくされるんだが、歩くことも走れることもできる今を見ると、そこまで重症じゃないと思う。

どっちかと言えば、軽症の部類だろうな。

俺の知り合いの厩務員に「蟻洞になったらどうやって治す?」と聞くと、「調教のあと、蹄をシッカリ洗って、綺麗にした状態で、殺菌効果を高める為に、ガスバーナーでばい菌を一気に焼きますよwその後、塗り薬を詰めて終わりっすw」と話していたな。

ま、こういう治療をブエナがしたかどうかはしらないが、清潔にして、塗り薬を塗って治したんじゃねーかなと思うが、何せ、蟻洞を治す一番の方法は、清潔に保つことだわ。

ブエナクラスの馬ともなれば、清潔に保つことなんて造作も無いことだろ。
まぁ、治っていると思っていいんじゃねーかな。

それでも、蟻洞の症状は気になるね。
最初にも言ったけど、清潔にして、治ってくれるのを待つしかないからね。
時しか解決はしてくれない。
特に、今の時期はツメが伸びにくいからよ。
もし、今の時点で治っているのならば、何も問題は要らない。
だが、まだ軽い症状の中、治療中ということなら、考え物w

そこで、ブエナの一週前追い切りの話を見てみるとだ。

「どこか苦しい所が見えた。」
「春先の雰囲気とはちょっと違うかな…。」
「イライラしているのか、トゲトゲしい感じがする。」
「体調面も本当ではないような気がするね。」
「力でドコまでやれるかじゃないか?」

とまぁ、こんな感じの話が来ている。

これを見ると、蟻洞のせいで、シッカリとした運動ができなかったんじゃねーかな?と思うわけでw
最終追い切りの状況次第となるが!
買い目には入る馬だと言うのは間違いないw
どんなに悪い情報が来ようと、これだけの実績を掴んできた馬をアッサリ切るような記者はいないよw
いくら状態が悪かろうが、最後のコメント通りで、力でドコまでやれるかってとこだ。
だがまぁ、最終追い切りはどうなるだろうな?w
まぁ、それは追々、紹介できると思うよ。

そうそう、最終追い切りといえば、先週、追い切りの話を載せてみたら、中々、好評だったんで、今週も載せようと思う。
ただ、今週は重賞が3つあるからよ。
府中牝馬とデイリー杯を中心に明日UPするよ。
秋華賞の話は、レース前日に前頭情報を出すから、それで勘弁してくれw
ま、そういうのも含めて話を待っているよって言う人は、応援ついでにクリックしてくれよな。



人気ブログランキングへ

にほんブログ村 競馬ブログへ
にほんブログ村

競馬
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。