--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2009-10-24

菊花賞、全頭情報

あー・・・ダメだこりゃ・・・
なんもかんも裏目だ。
コッチにしようか、コレにしようか?
どっちがいいのかな・・・と迷って、選んだ馬はてんでダメw
今、俺は逆ネ申状態だわ。

特に思ったのが今日の富士Sだわ。
アブソリュートから、馬連で流しとけばいいじゃねーか…。
ノリさんタノンマスよ…ホントにw
さっき、アブソリュートから買っていた美浦の記者から連絡あって、かなりの大金をゲットしたから、遊びこいって言われたわ。
とりあえず、コッチはすっからかんだから、そいつにタカリに今から上野までいってくるわ。

その前に、菊花賞の全頭情報だけUPしとくな。
興味ある人はみてくれよな。
1-1 スリーロールス(牡3、浜中俊・武宏平)
先週の時点でカナリ仕上がっていたので、今週は軽めの調整。
で、問題はコイツが通用するのかどうかなんだが、通用すると答える記者が殆どだった。
しかも、台風の目になる!だとか、デルタブルースを髣髴させるとか…(ホントカヨw
とまぁ、けっこう褒められた感じなんだわ。
押さえには必要な馬だと思うよ。

1-2 シェーンヴァルト(牡3、秋山真一郎・岡田稲男)
陣営はダービーの時が、一番のピークだったという。
その状態に今ようやく近づいたとのことだ。
問題は距離で、この3000mの長丁場をどう折り合うのか?
この馬は気性が悪いからね。
スムーズな競馬をできる可能性は薄い。
となると、好勝負はできねーだろうなぁ…って言う意見が多く、ここで惨敗したら次は美味しい馬券にありつけるかも?と言う感じだわ。

2-3 フォゲッタブル(牡3、吉田隼人・池江泰郎)
今週の追い切りを見て、本当に馬が良くなってきたという意見が多かったのがこの馬。
本格化したかなぁ?と言った感じらしい。
軸にしている人は少なかったが相手には入れるという人は殆どで、凄い不気味な存在らしい。
雨の3000mになれば、この馬の見せ場は十二分にあると思うよ。

2-4 トライアンフマーチ(牡3、武幸四郎・角居勝彦)
軸にするという人は残念ながら少なかった。
ダービーの敗因を道悪と答えながら、前走の良馬場でイコピコにあっさり置いていかれた時点で狙いは立たないんだそうだ。
俺も同じ意見なんで、軸にはしないんだけど、押さえには必要!という人もいる。
それは、一叩きされて、馬が良くなってきたと見る人も居るんだわ。
前走を考えるか?それとも今の状況を考えるか?
ソレは任せるよw

3-5 アンライバルド(牡3、岩田康誠・友道康夫)
コイツの追い切りを見ていた記者の2人居るんだけど、全く意見が違うんだよな。
1人は、動き気配共に申し分なし、折り合いもついているし、体調がいい!って言っているのと、もう1人が、首を上手く使いきれてないなぁ…と言う人。
でだ、調教後に友道さんが、記者を集めて話をしたあと、ちょっと少し話を聞いた奴がいてね。
その時に、このレースの結果に関わらず、JCは行かないって話らしいんだわ。
有馬記念を最大の目標と考えているんだとさ。
余り、トーンは高く無かったってよ。

3-6 イグゼキュティヴ(牡3、川島信二・斎藤誠)
一言…オツカレサマデシタ。

4-7 ヤマニンウイスカー(牡3、和田竜二・池江泰郎)
穴党の人は、是非ここから狙って欲しいという一頭。
血統はバリバリのステイヤーで、腰が甘く、いかにも京都の長丁場向きの馬。
イコピコとの接線を演じてきた経歴を見れば、イコピコとそう大差は無いと思うよ。
それにこの馬は以前騎乗していた乗り役が、口を揃えて、「菊花賞向き」と話していたそうだ。
俺は押さえ馬券として、かるーく、馬連総流しをこの馬から買っておくよ。

4-8 アントニオバローズ(牡3、角田晃一・武田博)
取り捨てが難しいのがこの馬。
おれは静観していた方がいいと思うけどな。
理由は簡単でノドの状態が余り良くないらしいんだわ。
馬の状態は抜群だが、陣営は「コレで、万全ならなぁ・・・」とトーンは低めだわ。

5-9 リーチザクラウン(牡3、武豊・橋口弘次郎)
力はあるんだわ。
だが、この馬も気性だよ。
これが問題。
それと、他の記者連中から京都3000m向きの馬じゃないとの意見も多い。
ただだ、スムーズに前に付けれて、更に他からも絡まれずに楽に行ければ、勝てちまうかもしれない。
気分良く走らせられたら、残り目は十分だってよ。

5-10 キングバンブー(牡3、小牧太・鮫島一歩)
一言…オツカレサマデシタ。

6-11 セイクリッドバレー(牡3、松岡正海・高橋裕)
追い切りでは絶好調といわざるを得ない内容。
相手が2歳馬だったとしても、迫力満点だったそうだ。
ただ、コイツはまだまだソコが見えていない。
気性的な面が解消されたとき、モット走れるようになると思うわ。
リーチと同じ様に、コイツも気分良く走れたら…って条件付で、好走すると思うよ。

6-12 セイウンワンダー(牡3、福永祐一・領家政蔵)
意外と、軸に据えているのが多かったのがこの馬。
前走からの上積み十分で、上位争いは可能だって話らしい。
助手も、「気合が乗ってきた、イイ感じです」と話していたらしく、状態は悪くない。
自在性もあって、3連複の軸にはいい馬だと思うよ

7-13 キタサンチーフ(牡3、藤岡康太・梅田智之)
一言…オツカレサマデシタ。

7-14 イコピコ(牡3、四位洋文・西園正都)
この夏最大の上がり馬到来!とまで言われている馬。
一番人気の状況らしいが、まぁ、そりゃ報道でこんだけ騒がれていれば、当たり前かw
さて、今の状態は?というと、カナリいいらしいわw
西園さんもこの馬にはゾッコンでねw
イコピコを担当している助手から携帯が鳴ると、ビクッとして、何かあったのか!?なんて思うらしいよ。
調教師は緊張しているらしいが、まぁ、走るのは馬。
だが、それだけ丁寧に扱われているってことなんだわ。
一番人気も頷けるよ。

7-15 ポルカマズルカ(牝3、横山典弘・畠山吉宏)
牝馬だし、まぁ・・・切りだろw
と思っていたら、ノリさんは望みを捨ててない模様。
牝馬でも落ち着いていて、札幌でこの馬に乗ったときから、また機会があればこの馬に乗りたかったらしいw
さて、またノリさん信じてみようかなぁ…w
あと、陣営は「このメンバーなら、行けると思う」とエライ強気だったそうだw

8-16 ナカヤマフェスタ(牡3、蛯名正義・二ノ宮敬宇)
陣営は「当日、平常心で挑めれば、勝てるはずだ」とエライ強気。
問題は、神戸新聞杯組との力関係はどうかって所なんだわ。
俺としては、神戸新聞杯組みの方が上のような気がするんだよな。
まぁ、距離は大丈夫だろうし、軸に据えていた人も多かった。
悪い馬じゃないんだが、俺にはちょっと引っかかるね。

8-17 アドマイヤメジャー(牡3、川田将雅・友道康夫)
コイツの問題は距離だけだわ。
陣営も、「ベストは2200mまでかなぁ・・・」と話していたそうで、距離は大丈夫!とは言い切れない。
だが、記者連中でこの馬を軸に据えている奴に話を聞くと、「ここに来て、凄い力を見せているし、アンライよりも良く見えましたからね。まだソコは見せていませんよ」という理由。
軸に据える理由には十分だが、やっぱり俺的には距離が引っかかるかな。

8-18 ブレイクランアウト(牡3、藤田伸二・戸田博文)
前走の内容が非常によく、早熟馬というのを無くしてくれたんだが、その内容が良かったから、菊に出てくると思われているかもしれないが、菊に出る理由は、オーナーサイドの意向。
クラブ馬だから、稼ぎやすいレースを使われるよりも、クラブとして宣伝になるGIに出走してくれた方がありがたいってトコじゃネーかな。
ただなぁ・・・この馬の持ち味は一瞬の切れ味。
陣営も長丁場に耐えられるように調教をしてきてはいるが、どうだろうな。
マイルまでの馬だと俺は思うけどね。

とまぁ、コンナ感じ。
さて、どれを軸にしよう?w
明日の天候を決めて、パットの銭がネーからウインズで購入するわw
明日の朝にでもUPできっと思うよ。
その辺はレース情報と一緒に流すわ。
んじゃ、呑みにいってくるわw
また明日~ 

ノシ



人気ブログランキングへ

にほんブログ村 競馬ブログへ
にほんブログ村

競馬
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。