--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2009-10-31

天皇賞の全頭情報

全滅かよ…○rz

調子に乗るとスグこれだ。
押さえのレースすら当たらないw
痛いなぁw

まぁ、終わっちまったものは仕方がない。
これで気持ち切り替えられると思って、今週のGI、天皇賞の全頭情報でも流してみるよ。
気になる人は、続きでも呼んでくれよな。
1-1 コスモバルク(牡8、松岡正海・田部和則)
一言…オツカレサマデシタ。

1-2 スクリーンヒーロー(牡5、北村宏司・鹿戸雄一)
宝塚の後は放牧に出てリフレッシュ。
その効果から、コズミも取れて動きがグンと良くなった。
内枠も引けたのでいいレースするんじゃないかなぁ…と思っていたら、陣営の狙っているレースはジャパンカップらしい。
だから、ここは次に繋げるレースができれば…とかなり弱気だって話だよ。

2-3 カンパニー(牡8、横山典弘・音無秀孝)
ここは二頭出しだね。
ここの厩舎だけじゃなく、他の厩舎でも一つ言えることは、この馬の馬主さんの馬と多頭出しする時は、その馬の前に馬を置きたくないって話があるらしいよw
だから、オウケンはカンパニーより前で競馬をすることができないって話になるかな?w
実際のレースで、どうなるかはワカランケドw
そして、気になるデキの方だが、昨年は馬体を戻しながらの調整だったけど、今年はビシビシと追いきっていい状態にきているとのこと。
若干歩様に硬さがあったらしいが、これはいつもの事で、陣営は「ここまでできたんだ。あとは運任せですよ」とやりきった感のコメントを残していたってよw

2-4 アドマイヤフジ(牡7、C.スミヨン・橋田満)
今日のスワンSを勝ったスミヨンとのコンビ。
押さえにはほしい馬だけど、まず…なんでスミヨンは日本に来たんだよ!w
確か、コイツは日本嫌いだったはずなんだがなぁw
いつだったか、来日した時、進路妨害か何かして、6日間の騎乗停止を食らったことがあるはずw
まぁ、それはいいや。
とにかく腕はある騎手なのは確かなこと。
なにせ、あの気難しいキンシャサを乗りこなしたんだからな。
フジもそんな面のある馬だから、イイコンビだと思う。
ただ、今回はデキがいまいちと言った感じかな。
追い切りの動きはいいそうなんだが、普段の動きでは頭が上がっちゃってるって話なんだわ。
そうなってくると、重心もあがるだろ。
普段から重心が高い馬ってのは、余りよく見えないんだよな。

3-5 ヤマニンキングリー(牡4、柴山雄一・河内洋)
こいつは当日の気配次第と答える記者が多かったね。
この馬の場合、一番のネックが輸送で、イレ込んで力を出せないってパターンが多いいんだわ。
その為、陣営ではサプリメントでそのイレ込みを防止させたいと言っていたが、効果があるかどうか?w
力のある馬だけにもったいない話だな。

3-6 アサクサキングス(牡5、四位洋文・大久保龍志)
枠順発表後に一番嬉しそうだったのがこの陣営w
ガッツポーズまで見せていたって話しだよ。
陣営は「ここまでは全て予定通り。息も十分にできてますからね。見せ場は十分に創れると思っていますよ!」と力強いコメントw
デキも良さそうだし、陣営も、もう一つ何か勲章を与えたいと必死なんじゃないかな。

4-7 ウオッカ(牝5、武豊・角居勝彦)
ユタカさんはこの馬での連覇を確信していると言った感じだそうだ。
もし負けるとしたら、自分のせいじゃないか?とまでいう風な口ぶりだってよ。
陣営も「あとはユタカに任せるだけ!」とやりきった感を残している。
普通に走れば、この馬なんだと思うんだが、コイツが負けるとしたら展開のアヤくらいなんじゃないかな。

4-8 キャプテントゥーレ(牡4、川田将雅・森秀行)
ある記者の話では、打倒ウオッカの筆頭はこの馬だという人もいたよ。
陣営は、「東京コースも心配していない。不安よりも楽しみの方が大きい!」とまで言っていたそうだ。
デキは水曜の坂路で一番時計を出しているくらい悪くは無い。
それと、陣営は「ハナを切りたい」と話していたそうだ。

5-9 サクラオリオン(牡7、秋山真一郎・池江泰郎)
前走は立派。
見事なレースだったと思うが、ちょっとこの馬はこのコースは合わないんじゃないかな?と思えるようなコース。
いかにも洋芝向きの馬だからね。
ヨーロッパに行ったほうがいいレースできるんじゃないかな?と思えて仕方がない。
雨が降っても厳しいんじゃないかな?っていう人が多かったね。

5-10 シンゲン(牡6、藤田伸二・戸田博文)
何故、前走は毎日王冠ではなく、中山を使ったのか?
これが疑問に思ったが、コレはレース間隔を考えてのことだったそうだ。
毎日王冠だとレース間隔が詰まってしまい、疲れが残る恐れがあったからとのこと。
デキについては陣営が「ピークに持ってこれたよ」と自信満々w
シンジも絶賛するほどのデキらしく、デキの良さはホンモノっぽいw
左回りのギアはGI級だと思うし、ウオッカを負かしてもなんらおかしくは無いだろうな。

6-11 スマイルジャック(牡4、三浦皇成・小桧山悟)
関係者のトーンは低いw
「大きなところを望むのは酷かなぁ・・・」とのことだw
デキは前走と同じ位のデキに仕上がっているし、悪くはないんだが、ここでは一枚足らないという話が殆どだね。

6-12 ドリームジャーニー(牡5、池添謙一・池江泰寿)
今がまさに充実期のこの馬。
陣営も「ヤバイwマジで具合がいいよwww」と笑顔で話すほどだったそうだよ。
塚の時よりもデキには自信があるそうで、ウオッカを負かすことがここでできれば、年度代表馬の道も見えてくる。
直前の気配ではこの馬がピカイチだとさw

7-13 マツリダゴッホ(牡6、蛯名正義・国枝栄)
予定通りの調整で、何ら不安は無いそうだが、陣営は「あんまり、大きなことを言えないかな…」とトーンは控えめ。
逃げてどこまでか?と言う感じかな。
押さえには欲しいのは確かだよ。

7-14 サクラメガワンダー(牡6、福永祐一・友道康夫)
陣営は、JC>宝塚と予定していたらしく、ここでは切りでいいかな?と思っていたんだが、休み明けの今回も陣営が思っていたよりも全然動けているとのことw
陣営は「勝ち負けできても不思議じゃないよw」と笑って話していたので、やり残したことは無いんだろうね。
何せ、体調はめちゃくちゃいいらしいので、押さえに買うという記者は少なくなかったね。

7-15 オウケンブルースリ(牡4、内田博幸・音無秀孝)
この馬の目標はまだ先だそうだ。
だが、今の勢いならここでも無様な走りをする事は無いだろうというデキにはあるらしいよ。
音無先生は「内田君には前目の競馬を試してみたいからと指示するつもりです」と話ていたが、ただ単に、カンパニーより前で競馬をすると、奥方に怒られるからじゃないかな?w

8-16 ホッコーパドゥシャ(牡7、岩田康誠・村山明)
穴党の人は狙ってみてw
状態が一息だった前走であの競馬ができるなら、デキが前走よりも上向いたのであれば、ここでも差のない競馬をするかもしれないw

8-17 エイシンデピュティ(牡7、戸崎圭太・野元昭)
先週と今週に追い切りに乗った浜中が「先週よりも今週と言った具合でドンドン良くなっているのが乗っていてわかります」というほどデキは上昇。
今では脚元に何の不安もなく調整ができているとのことで、イイ頃の状態に戻りつつある。
だが、まだ足らない。
本当にいい頃のデキにはちょっと追いつかないという意見が殆どで、今よりは次に期待したいとの話が多いいね。

8-18 エアシェイディ(牡8、後藤浩輝・伊藤正徳)
ここ一本に目標を絞ってきたのがこの陣営。
その言葉通り、デキはデビュー以来、最高のデキだそうだ。
関係者も「キッチリ仕上がった。肉体的な衰えもないし、体調面もバッチリ。昨年の鬱憤を晴らしてやる!」だそうだw
穴党の人は狙ってみていいのかもw

とまぁ、コンナ感じ。
俺は明日にでも買い目をUPしようと思うわ。
気になるって人は、応援ついでにランキングのクリックでもしてくれよなw



人気ブログランキングへ

にほんブログ村 競馬ブログへ
にほんブログ村

競馬
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。