--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2009-11-14

エリザベス女王杯の全頭情報

やっぱ、雨の日はあんまよくねぇな。
それにこの頃、テメェの馬券はいいところで外しちまう。
軸に選べば3着まで、2頭軸にしても2着・4着。
なんなんだろうなぁ…。

ウジウジ言ってても仕方ねーので、エリザベス女王杯でガッツリ返してもらう算段をしようかw
んじゃ、エリザベス女王杯の全頭情報書いていくから、気になる人は続きでも読んでくれよな。
1-1 ウェディングフジコ(牝5、菊沢隆徳・戸田博文)
先週、今週と菊沢が騎乗してケイコをつけていたそうだね。
乗り役との息もピッタリで、デキは悪く無いんだが、このメンバーに入ってどうなのか?と言うのが一番の課題らしい。
この馬なりにデキがいいので、このレースではなくオープン特別に出るなら買いたい一頭なんだがね。

1-2 メイショウベルーガ(牝4、池添謙一・池添兼雄)
穴党の人は狙って欲しいと言っても結構人気になっちまっているかな?
実績的には一枚落ちる馬なんだけど、デキは最高潮!
陣営も「相手は強くなるが、前走と同じような競馬ができれば、楽しみありすぎ!」と話していたんだってよ。
コイツは要注意だと思うわw

2-3 チェレブリタ(牝4、岩田康誠・荒川義之)
買える材料としたらヤスナリが乗るからって言うだけで、GIでは劣勢ムードが漂うこの陣営。
残念だが、相手までの評価が殆ど。

2-4 ジェルミナル(牝3、福永祐一・藤原英昭)
藤原さんがブロードとこの馬で、エリ女では絶対にブエナに勝ちたい!と話していたそうだ。
そして伸びシロがありそうなのは、ブロードではなくジェルミナルだそうで、上積みを感じられる作りだそうだ。
他の記者からも、春当時のデキが戻ってきて、カナリ良くなっているという話だってよw

3-5 リトルアマポーラ(牝4、C.スミヨン・長浜博之)
この馬を軸にするという人は…1人だけいたなw
なにやらスミヨンは、「この馬は頭が良くて、力を持っている。その力を信じて自信を持って乗りたい」と挑戦者ではなく受けて立つ立場として、頼もしい言葉を残していたそうだ。
追いきりでも、余力たっぷりで、叩かれた上積みも十分。
更に、内容までは聞けなかったが、シャラナヤのルメールと情報交換をして、ルメールからもこの馬にはどうやって乗ればいいかなど色々と聞いているらしい。

3-6 ピエナビーナス(牝5、古川吉洋・南井克巳)
前走の内容はどの記者も高く評価をしていているんだが、ただ切れる脚を持っていないだけに、力関係でこの馬はこのメンバーでは通用しないだろうって言う意見が殆ど。

4-7 クィーンスプマンテ(牝5、田中博康・小島茂之)
いらないだろ…と思っていたら、陣営は白旗を挙げてないってよw
それは、前走、牡馬相手に正攻法の競馬をして、直線の半ばまで粘りこんだあの力。
1F短くなる今回は粘りきれるかもしれないと話していた。
押さえて損はないかもなw

4-8 カワカミプリンセス(牝6、横山典弘・西浦勝一)
ノリさんが、「今回は無欲で一発を狙うよ」と話していたそうだ。
デキはソコまでよくなってなくて、展開が嵌ればと言う感じ。
ココを目標に仕上げてはきたが、それでも物足りなさが残ると話す記者が多い。
いい時と比べて迫力が無いんだろうね。
だから、ノリさんも一発を狙うなんて話すんだろうな。

5-9 ブラボーデイジー(牝4、生野賢一・音無秀孝)
能力が高いのか?低いのか?と疑問を持ちたくなるこの馬だが、意見として一致したのが、そこまで能力高くないんじゃね?って言う話。
確かに好走していたりはするが、それはこの馬にとって展開が向いただけっていうのが大きい。
いわゆる、運の強い馬なんだろうなw

5-10 シャラナヤ(牝3、C.ルメール・M.デルザングル)
海外馬、3歳、そして牝馬。
この馬が長距離遠征に、いつもと違う日本という環境や競馬場での雰囲気。
それに耐えられるか?というと、ムリだろうって言う意見が殆ど。
だが、この馬を所有しているお方は、勝算がないと遠征はしないんだそうだ。
ぶっちゃけ、押さえには必要だと思う。

6-11 テイエムプリキュア(牝6、熊沢重文・五十嵐忠男)
前走は出遅れが敗戦の理由。
上手く逃げれなかったからね。
んで今回はというと、難しいだろーという意見が殆ど。
いわゆるいくらこの馬のデキが良くても、定量戦でこのメンバーを相手に逃げ切れるかというと、ムリじゃないかな?っていう話だ。

6-12 ブロードストリート(牝3、藤田伸二・藤原英昭)
シンジが、そうとう色気を持っているんだってよw
さっき書いたジェルミナルと同じ様に、この馬にもそうとう期待をしていて、絶対にブエナには勝ってやる!という意気込みが一番感じる陣営だってよ。
中にはブエナより上じゃないか?と言う人もいたよ。

7-13 サンレイジャスパー(牝7、難波剛健・高橋成忠)
一言…オツカレサマデシタ。

7-14 ニシノブルームーン(牝5、北村宏司・鈴木伸尋)
栗東入学までした馬なんだが、残念ながらその効果はないそうだ。

7-15 ミクロコスモス(牝3、武豊・角居勝彦)
意外と人気の盲点になりそうなので、この馬は穴党の人にはお勧め。
デキは前走時以上の状態らしく、今回は陣営も「いい状態で使えるから、楽しみなんだ」と色気タップリ。
ここでも通用するよと言う話が殆どの意見だったよ。

8-16 ブエナビスタ(牝3、安藤勝己・松田博資)
恐らく負けない。
ココまで信用できる軸馬が居るのは助かる。
コイツで仕方が無い。
そういう話が殆ど。
軸候補になる一頭だから当たり前と言えば、当たり前なんだろうけど、それだけデキも今回のコースもこの馬向きなんだろうな。

8-17 ムードインディゴ(牝4、田中勝春・友道康夫)
ビックリしたのが、この馬を打倒ブエナの最右翼に掲げている人が結構いたということ。
デキが前走以上で、とにかく馬が変わったか?と思えるくらい見違えたんだそうだ。
フットワークも大きくなって馬体をフックラと見せていたって話だから、体質的にこの季節が一番いいのかもしれない。
中身が違う今が買いかもしれないな。

8-18 レインダンス(牝5、藤岡康太・宮徹)
一言…オツカレサマデシタ。

とまぁ、コンナ感じ。
俺の買い目は明日にでもUPするよ。
たぶん、フォーメーションの3連複か3連単になってくると思うわ。
その他のレースについては、明日にでもUPするわ。
気になる人は応援ついでにクリックでもしてくれよなw



人気ブログランキングへ

にほんブログ村 競馬ブログへ
にほんブログ村

競馬

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。