--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2009-12-05

JCD全頭情報

まだちょこっとだるいが、最初に比べたら、そこまで酷くネーからさ。
JCDの前頭情報を流しておくよ。

明日の朝、起きてから気分良かったらその他のネタも流す予定。
今週はなんとも酷い一週間を過ごしたよw
とりあえず、JCDの全頭情報は続きで見てくれよな。
1-1 エスポワールシチー(牡4、佐藤哲三・安達昭夫)
気持ち悪いくらいに、自信満々だった陣営がココなんだそうだ。
何でも、「負けるイメージが思い浮かばない」と言うくらいだってよ。
調教後の雰囲気も凄く良く、マイナスの材料は特に無い。
テツゾーもタップの再現をここでやっちゃうのかもしれないねw

1-2 サクセスブロッケン(牡4、内田博幸・藤原英昭)
前走の惨敗が気になると言っていた記者がカナリいたね。
59キロを背負っていたとしても、アレは負けすぎ。
陣営はココを最大の目標としてきたみたいだが、一変までは厳しいんじゃないか?っていう意見が殆ど。
能力は高い馬なんだが、前走の惨敗から調子を取り戻すのは時間が掛かりそうだね。

2-3 アドマイヤスバル(牡6、勝浦正樹・中尾秀正)
結構軽く見られがちなのがこの馬。
記者連中の間では、通用するんじゃねーか?って話だわ。
陣営も、「どのブンヤさんも評価してくれないんだよね。ちょっと自信があるんだけどなぁ…」とぼやく始末w
動きも良く、デキは前走以上で広い東京の1800mなら、一発の魅力は十分だと思うよw

2-4 ヴァーミリアン(牡7、武豊・石坂正)
まだまだ世代交代は許さないと言いたい所だが、ちょっと微妙な時期になってきたんじゃないか?って意見は良く聞く。
デキはこの年齢なので、大きな上積みや変わり身は無いが、高いレベルで安定しているって話なんだが、それよりも3歳馬や他の勢力と比べると魅力が落ちるとのこと。
大崩こそ考えられないが、勝ち負けとまでは行かないと思うって話が飛んできてたよ。

3-5 マコトスパルビエロ(牡5、安藤勝己・鮫島一歩)
デキはいい意味での平行線。
いわゆる、ここまでは順調に来ているとのことだろうね。
この中間も太め感は無く、張りも良く、非常にパワフル。
好勝負は必至じゃないか?なんて話も入っている。
まぁ、相手には必要だし、穴党の人は狙ってもいいんじゃないかな?w

3-6 メイショウトウコン(牡7、藤田伸二・武田博)
ここは年齢的な面もあって、ちょっと手を出しづらいと思いがちだが、陣営は超強気。
調教をつけていた人間も、「これで掲示板にも載れないようならカナリショックなんですけど…」と話していたそうだ。
押さえには必要だろうね

4-7 ティズウェイ(牡4、R.マラージ・H.ジェームズ・ボンド)
たぶん、この馬がハナを取るんじゃないか?と言う話。
これは気性的な問題もあるんだろうね。
脚捌きには軽さがあって日本向きなんだが、いかんせん遠征馬。
俺は三割引で考えておくよ。

4-8 ダイショウジェット(牡6、柴山雄一・大根田裕之)
デキは悪く無いというより、むしろいいそうだ。
だが、力関係でどうなんだ?と言う疑問が常に付きまとう。
陣営も「ちょっと1ハロン長い気もするんですけどね」と控えめな感じ。
内々でロス無く運べても、3着までじゃないか?と言う感じらしいよ。

5-9 ゴールデンチケット(牡3、C.ルメール・森秀行)
ここは陣営が白旗宣言と取れるような感じだそうだ。
「一歩づつ大人になって、いい競馬を期待します」と陣営のトーンは低い。
切りでもいいし、3着押さえでもいいかもなw

5-10 ボンネビルレコード(牡7、的場文男・堀井雅広)
こいつは騎手次第。
本当は出る予定無かったんだよ。
だが、的場騎手がワールドスーパージョッキーシリーズに出るというから、JCD一本に絞ったんだそうだ。
だから、デキは悪く無く、手応えタップリだってよ。
体調も悪くないし、的場騎手とは本当に相性がいい。
ここで一変がする可能性もあるかもなw

6-11 ラヴェリータ(牝3、岩田康誠・松元茂樹)
こいつはスタート次第。
スタートが苦手な馬だから、その分、必ず後れを取る。
スタートで出遅れるような馬がGIで通用するとは到底思えず、残念だがここは厳しいんじゃないかな?って話だわ。

6-12 シルクメビウス(牡3、田中博康・領家政蔵)
状態は凄く良く、博康もかなり色気を見せていたそうだ。
だが、本音をいうと、もうちょっと内枠を引きたかったらしく、いくら状態が良くても、これでは…と言う感じもある。

7-13 スーニ(牡3、川田将雅・吉田直弘)
一言…オツカレサマデシタ。

7-14 ワンダースピード(牡7、小牧太・羽月友彦)
デキの面で言えば、悪くは無いんだ。
だが、本当にイイ頃の時には戻ってきていない。
キャリアがあるんで、途中でバテたりはしないだろうけど、勝負どころでの反応の鈍さは、年齢的なところからきてるんじゃないか?って話しだ。

8-15 マルブツリード(牡6、浜中俊・大根田裕之)
一言…オツカレサマデシタ。

8-16 ワンダーアキュート(牡3、和田竜二・佐藤正雄)
俺の知り合いの記者連中のなかではこの馬が一番推されていたわ。
3歳馬のトップに立つのはこの馬だろうって話で、これからもモット強くなると思うとのこと。
陣営は、「今回は胸を借りるつもりですよ」とまぁ、控えめなコメントを残していたらしいが、記者連中の評判は、「そこまで差は無いと思う」って話だわ。

とまぁ、こんな感じ。

んで、俺の買い目というと、

3連複フォーメーション

一頭目 エスポワールシチー ワンダーアキュート
二頭目 エスポワールシチー ワンダーアキュート メイショウトウコン マコトスパルビエロ
三頭目 エスポワールシチー ワンダーアキュート メイショウトウコン マコトスパルビエロ アドマイヤスバル ヴァーミリアン

この形かな。
とりあえず、既にPATで買っておいたわ。
その他のネタは明日次第。
体調が良けりゃ、出せると思うわ。



人気ブログランキングへ

にほんブログ村 競馬ブログへ
にほんブログ村

競馬
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。