--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2009-12-19

朝日杯、全頭情報

今日の競馬は、ピンポイントにでかい馬券の当たる日だったなw
万券2発でりゃ上等でしょw
十分プラスですよ。

ただ、なんとも悔やまれるのが、愛知杯だね。
具合わりーんじゃなかったのかよw
英ちゃんの方を信用しときゃよかったよ。
アレも、馬単で万馬券になったんだろ。
アマポかインディゴのどっちかを選ぶのをミスっただけで、大きな魚を獲り逃すとは。

それよりもだらしなかったのがヒロキだ。
ハイエモーションは何してたんだぁ。
ま、終わったレースをgdgd言ってても仕方ねーし、今度聞いてみりゃいい話だ。

それよりも、朝日杯の全頭情報を出しておくわ。
いつも通り、gdgdと読むのが嫌な人は、買い目を下のランキングで晒しとくから、そっちで確認しておいてくれ。
↓↓↓↓↓↓↓


情報の方は続きでなw
1-1 バトルシュリイマン(牡2、武士沢友治・的場均)
一言…オツカレサマデシタ

1-2 ダイワバーバリアン(牡2、蛯名正義・矢作芳人)
マサヨシが「入着ならあるんじゃね?」みたいなことを話していたってよ。
矢作さんの方は、「素晴らしい動きだったし、今週の追い切りは満点かな」と話していたそうだ。
一走するごとに動きがよくなっていて、今時点での成長率で言えば、この馬は上位に来るが、今回のレースでは1ハロン距離が長いといった感じ。
相手には押さえておきたいところだね。

2-3 ガルボ(牡2、吉田隼人・清水英克)
陣営は、「朝日杯に出ても恥ずかしくない仕上げを施すつもりだよ」と話していたそうだ。
その言葉通り、デキは抜群にいい。
そして抽選をクリアした事で一気に陣営にも活気が溢れた。
「出らればチャンスはあるはずだ」と話していたので、要注意が必要かもしれねぇな。

2-4 ヒットジャポット(牡2、福永祐一・領家政蔵)
時計が地味であんまり目に付かない馬なんだが、全体的な雰囲気は悪くなく、陣営も「追いきった後もちゃんと息が入っていたし、デキは悪く無いよ」と話していたそうだ。
まぁ、ソコを見せていない馬だけに楽しみではあるが、さすがにココでは荷が重いんじゃねーかな?って感じらしいよ。

3-5 ダッシャーゴーゴー(牡2、佐藤哲三・安田隆行)
ちょいと、ここは陣営が白旗模様w
どうしても距離が長いそうだ。
それに体も太め残りで、まだまだ子供過ぎるとの話。
1200mまでならいい競馬はすると思うが、ここではちょいと厳しいんじゃないかな。

3-6 キングレオポルド(牡2、柴田善臣・堀宣行)
今回、以外にもこの馬を買うって人がいなかったのに、ちょっとビックリした。
3着にも入れていない人が多いんだわ。
「新聞では印を付けたけど、スミヨンが乗るならねぇ」とか、「まだ勉強中の馬だからな」とか、「まだ若さの方が目に付く」とか、あんまりいい話を聞かない。
確かに、センセーじゃなぁ…ってのには俺も同意だw

4-7 バトルレッド(牡2、田中勝春・伊藤大士)
ココに来て一気に調子を上げてきたのが、この馬。
今週のケイコでは、直線での追い比べで、アッサリ併せた馬を置いていく絶好の切れ味を披露。
陣営もココを目標に仕上げてきたそうで、「スピードだけならここでも通用する!」と色気タップリだったそうだ。
ただ、現状では1200mの方が活きる馬だけに、相手までかな?という評価だね。

4-8 ローズキングダム(牡2、小牧太・橋口弘次郎)
橋口さんもこの馬でGIを!と言う気持ちは強いんだろうな。
追い切りで小牧騎手を乗せていたそうなんだが、「馬がレース前だな?っていうのが分かったような動きだった」とか、「気合乗り抜群だね」とか、イイ話しか聞かない。
軸にしている人も多く、順調さで言えば、この馬が一番なのかもしれないな。

5-9 エーシンホワイティ(牡2、安藤勝己・松元茂樹)
陣営は「1600mをこなせれば好勝負なんだけどなぁ…」と話していたそうだ。
血統的に見ても、やっぱり1200mまでの馬と言う感じで、能力をフルに活かせる舞台ではない。
相手関係もちょっと揃った感じもするレースなんで、ここは相手までと言ったところかな。

5-10 ツルマルジュピター(牡2、勝浦正樹・坂口正則)
折り合い次第では入着以上もありえるだろうってのがこの馬。
穴党の人には狙ってもいいんじゃないかな?と言った感じ。
左回りだと外に膨らむ癖があって、折り合いを欠いてしまうんだが、今回は右回りの中山。
別にハナにこだわる馬でもないので、好位で折り合えれば、イイレースをすると思うよ。

6-11 フローライゼ(牡2、後藤浩輝・岩戸孝樹)
新潟2歳Sはデキがイマイチだったんで、力を出し切ることなく終わったが、今回はキッチリ仕上げてきたそうだ。
思い切り負荷をかけた調教ができていて、それでもへこたれない状態。
心身ともにパワーアップと言う感じか。
狙いたい馬だねw

6-12 エイシンアポロン(牡2、池添謙一・岡田稲男)
脚質に自在性があって、展開に左右されないのがこの馬の強み。
夏場は骨瘤がでちまったから動きが悪くなったが、今はそれがなくなってきてから、メキメキと力を付けてきた。
完成度の高さで言えば、この馬が一番じゃねぇか?って話しだよ。

7-13 エスカーダ(牡2、A.クラストゥス・高市圭二)
間隔は詰まっているけど、バリバリ乗り込みが行われている馬。
それだけ馬が頑丈なのかもしれないな。
そのため、デキは安定しているがちょっとココは役者が揃い過ぎた。


7-14 キョウエイアシュラ(牡2、三浦皇成・矢作芳人)
相手には買っているけど、軸ではないという感じのがこの馬。
距離はこのくらいの距離でももう少し伸びてもいいんだろうが、今の状態ならマイルのほうが合うと思うって話しだ。
完成度も高く、陣営からは「今のデキなら勝ち負けまでできる」なんて話をしていて、ダイワバーバリアンよりも色気を持っているとのこと。
穴にはいいんじゃねーかなw

8-15 トーセンファントム(牡2、内田博幸・松田国英)
ここは枠が厳しいかもしれない。
デキは完璧!と言えるほどのデキなんだが、流石にこの枠はいただけない。
いくらウチパクでも押して押してという競馬で好位を取れるとは思えんし、それをすると外外をずーっと回される可能性がある。
そうなると、他の馬に出し抜かれる可能性もあるって話しだ。
軸においている記者もいたが、「あぁ…外枠はいっちまったよw」と話している人が多い。
だからと言って切る馬ではないよw

8-16 ニシノメイゲツ(牡2、北村宏司・田村康仁)
前走は折り合いが付かずアボンw
それでも6着まで来たことを考えれば、能力は高いと思っていい。
それにこの馬の怖いところが、あのトリッキーな中山実績だな。
それゆえ、みんなこの馬を外すことはしていなかった。
デキは前走よりも上向いているそうで、マイルがベストのこの馬を切ることはしちゃいけねぇだろうな。

とまぁ、コンナ感じ。

そして俺の買い目はというと、

一頭目 トーセンファントム・ニシノメイゲツ・ローズキングダム
二頭目 トーセンファントム・ニシノメイゲツ・ローズキングダム・バトルレッド・フローライゼ
三頭目 トーセンファントム・ニシノメイゲツ・ローズキングダム・バトルレッド・フローライゼ・エイシンアポロン・ガルボ

3連複のフォーメーションで、3連単のフォーメーションも少し押さえておくよw

んじゃ、その他のネタについては、また明日にでもUPするよ。
楽しみにしているよって人は、応援ついでにクリックでもしていってくれよなw



人気ブログランキングへ

にほんブログ村 競馬ブログへ
にほんブログ村

競馬
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。