--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2010-05-15

VM全頭情報

いっやぁ…、いい馬券が飛び出してくれたねw
他のレースでは全滅食らったけどw
それでも、京王杯SCの3連複は美味しすぎたw
ガッツリいただいたよw

まぁ、他で負けているから、勝ちは微々たるもんだが、それでも十分だ。
欲を言えば、オフレコのどっちかが来てくれりゃ大儲けだったんだが、まぁ、仕方ないか。
アグリは後先を考えない仕上げだったんだが、んー…厳しかったなぁ。

さて、今日はこの時間なんで、とりあえずVMの全頭情報だけUPしとくよ。
気になる人は続きで確認してくれよなw
1-1 ベストロケーション(牝5、木幡初広、美・鹿戸雄一)
厩舎に戻ってからまだ日数は経っていないけど、ここで使うのは予定どうりだそうだ。
牧場でもやれるだけの事はやってきたとの事で、問題ないんだとさ。
だが、元々は1200mの馬。
それに力関係を考えても、ちょいと厳しい。
脚を溜めて一瞬の脚を活かす作戦らしいが、まぁ、ブエナだからなぁ…w
馬場でも渋れば話は別なんだが…。

1-2 ヒカルアマランサス(牝4、内田博幸、栗・池江泰郎)
押さえに入れている人はいたけど、軸にしている人はいない。
押さえている人の理由を言うと、前走叩いた事で一変しているとのことだそうだ。
陣営は、「順調だよ。動きも良かったしね」と言葉少なげだが、やるだけの事はやった感じ。
前走のような見苦しい競馬にはならないと思われ。

2-3 ラドラーダ(牝4、安藤勝己、美・藤沢和雄)
今回、カツミさんが乗るんだけど、調教に乗ったのはヒロシw
そのヒロシは、この馬に乗りたそうに「いい動きだったんですよね…」と話していたそうだ。
だから、まぁデキ歯悪くないんだと思う。
叩かれた上積みも感じられた動きだったそうで、ここは切るわけには行かない雰囲気だな。

2-4 ウェディングフジコ(牝6、吉田隼人、美・戸田博文)
ちょっと前走はチグハグなレースで、陣営も「あんなレースで、良く大きく崩れなかったよなぁ。今回もデキも悪く無いし、なんとかいい結果を出して欲しいね。まぁ…3着狙いで!w」と話していたそうだ。
いわゆる、レッドとブエナには勝てないって考えているんだと思うよ。
ただ、デキは悪くないので、押さえには必要かもな。

3-5 アルコセニョーラ(牝6、武士沢友治、美・畠山重則)
ここは陣営が、ブエナとレッドに白旗って感じかな。
デキはここ最近では一番のデキなんだよ。
だから、自信持っていいのに、ここでは自信がもてない。
やっぱりそれだけ強烈な二頭なんだろうな。
陣営は「少しでも展開が向いてくれれば…」と言った感じだそうだ。

3-6 シセイカグヤ(牝4、丸田恭介、美・宗像義忠)
陣営は「ここでドコまで通用するかが楽しみですね」と言った感じらしい。
ここまで3連勝でOP入りしてGI挑戦。
まだ底が見えてないんで、未知なる魅力も有る。
デキは悪く無いし、むしろ前走よりいい。
体調も更に上向きで、ここを目標にしてきた感もある。
こういうのは切らないに限るね

4-7 ミクロコスモス(牝4、福永祐一、栗・角居勝彦)
前走後もここを目標に順調に来ている。
体の使い方も良くなって、いい動きを見せていたのも好印象だそうで、今までは気性が子供過ぎて話しにならなかったが、ようやく大人になってきたって感じらしい。
元々、素質はあるといわれていた馬で、それを邪魔していたのが気性。
だが、ここの陣営も、ブエナ・レッドに勝てるとまでは言えないらしいわ。

4-8 ヤマニンエマイユ(牝7、吉田豊、栗・浅見秀一)
前走後はここを目標に短期放牧に出して、全て順調に行ったそうだ。
乗り役も、ここまでシッカリ癖を掴んでいるらしく、府中コースも得意な馬。
陣営は「そこそこの競馬はできると思うけどねぇ…」といったトーンは決して高くない。
ここでは厳しいという感じが大半の評価だね。

5-9 ブロードストリート(牝4、藤田伸二、栗・藤原英昭)
2強に穴を空けるとしたらコイツなんだわw
だが、シンジは少し弱気なのか、「たぶん、頭は無いわ」という感じで話してたんだってさ。
でもまぁ、こういう風にシンジがいう場合って2~3着には意地でも持って来たいって思っているんだよな。
デキは悪く無いが、力関係でどうか?と言う感じらしい。

5-10 ニシノブルームーン(牝6、北村宏司、美・鈴木伸尋)
一時は、食べたものが体にならなくて苦労した馬だったが、今ではメキメキ力を付けている感じか。
陣営は「デビュー以来、一番のデキ!展開の助けが欲しいが、それがあれば上位に食い込めるはず!」と話してはいたそうだ。
デキは疑いようが無い!と言った感じで色気は出していたってよ。

6-11 ブエナビスタ(牝4、横山典弘、栗・松田博資)
もう、この馬が勝つよw
つか、このレースにでてくる陣営が、この馬とレッドを倒す!なんて覇気のある声を出したところって本当に一握りだそうだ。
それに今一番信用の置ける乗り役のノリさん。
勝てない根拠を探す方が難しいって感じらしいわ。

6-12 ブラボーデイジー(牝5、北村友一、栗・音無秀孝)
俺の知り合い全員が、この馬だけは絶対に押さえておけ!と話していたわ。
何故なら、単騎逃げができそうだからな。
できれば雨でも降ってくれりゃ、ブエナにも勝てる可能性があったんだが、まぁ、厳しいかw
それでも、みんながみんなブエナを意識してガチガチ状態になったとき、この馬の単騎逃げほど怖いものは無い。

7-13 ワンカラット(牝4、藤岡佑介、栗・藤岡健一)
一言…オツカレサマデシタ。

7-14 コロンバスサークル(牝4、蛯名正義、美・小島太)
一言…オツカレサマデシタ。

7-15 アイアムカミノマゴ(牝4、秋山真一郎、栗・長浜博之)
東京のマイルに変わるけど、ここ2走の内容なら、ここでどの程度通用するのかが楽しみな馬。
ただ、今週の追い切りは最後、バタバタだったんだよな。
まぁ、雨で重い馬場ってのもあっただろうし、チップを変えたばかりって言うのもあるが、チョットいただけない。
ある記者は、2強崩しができる馬とは言っているが、殆どは、厳しいの一言。
ちょっとここではまだ狙いづらいかな。

8-16 ムードインディゴ(牝5、上村洋行、栗・友道康夫)
一言…オツカレサマデシタ。

8-17 レッドディザイア(牝4、四位洋文、栗・松永幹夫)
陣営はいい仕上がりだとは言うが、周りの記者の目はちょっと違う。
ドバイでの2戦。
牧場でザ石があって、それは心配ないという感じで話してはいるが、目に見えない疲れは残っているんじゃないか?とのこと。
全くダメではないが、強く推すことはできないらしい。
で、更にいうと、ちょっとここの陣営の空気があんまり良くなかったそうだ。
チームワークが悪いというのかな?まぁ、そんな感じらしい。
でも、力はある馬だからね。
バッサリはいけないと思うわ。

8-18 プロヴィナージュ(牝5、佐藤哲三、美・小島茂之)
「ブエナに勝つために、究極の仕上げをした!」と話すのがこの陣営。
その証拠に、最終追い切りは、坂路で一番時計を出す動き。
今までの栗東留学の成果もあり、トモに厚みが出てパワーアップしたのが良く分かるとのこと。
陣営は「今後の予定を白紙にして、ここをメイチでピークに仕上げたんだ。ブエナ・レッドに勝つ自信もある!乗り役にも、着狙いなんてしなくていいから、勝ちにこだわってくれと言ったよ」とのこと。
まぁ、乗り役のテツゾーもずーっと栗東で跨っていたそうだし、陣営の今後の予定の白紙というのも嘘ではない。
福島牝馬に出せば勝てたと思うが、それを無視してのココだからな。
絶対に買い目には入れてくれよな。

とまぁ、こんな感じ。
いわゆる、みんなレッドとブエナに対して白旗って言うのが多いんだよ。
だが、そんな中で挑んでいるのがプロヴィナージュ。
ここの陣営の心意気を買いたい。

プロヴィナージュ→ブエナビスタ
馬単一点。

下手に手を広げるレースじゃないような気がするし、普通に考えたら、いくら調子落としていても、ブエナ・レッド・ブロードだとおもう。
配当的なモノを見込んで、更にその場合の被害を最小限に抑えることを考えての買い目。
本当はこのレースは買いたくないw
んじゃ、残り、他のレースはまた明日の午前中にでもw
楽しみにしているって言う人は、応援ついでにランキングのクリックでもしておいてくれよなw



人気ブログランキングへ

にほんブログ村 競馬ブログへ
にほんブログ村

競馬
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。