--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2010-06-10

エプソムCのこぼれ話と質問の答え

おはようさん。

いやぁ、10時っくらいに目が覚めたんだけど、まだ眠ぃなw
何か、書いたらもう一眠りしよう。
つか、この頃、眠りが浅いんだよ。
グッスリ行ったっていう眠りが無いんだわ。

こういう時は、ふうz・・・(ry

もとい、体でも動かして、サウナ入りーのアカスリしてもらいーの、マッサージしてもらって…、それなんてリフレッシュ放牧?
まぁ、その位、楽したいもんだねw

さて、ちょいちょいと追い切りの話が来ているんで、とりあえずエプソムCの追い切りこぼれ話でもUPしとくよ。
気になる人は続きでどうぞっと。
エプソムC

ラインプレアー
ウッドチップではそんなに動かない馬なんだが、今回はそこそこ動けているね。
恐らく、暖かくなって馬が良くなって来たんだろうと思う。
ダートの適条件がなくて、前走は芝を仕方なく使っただけなんだが、それで勝っちまって味を占めた陣営。
前走がフロックかどうかは今回が試金石って感じじゃねぇかな。

セイクリッドバレー
安田は除外されたんだが、ここを目標にスグに切り替えて、デキについては文句なしとのことだ。
ただ、陣営はデキの良さとは裏腹に若干弱気で、「展開の見方があれば上位争いができるんじゃないかな」とのこと。
まぁ、終い勝負になる馬だから、いくらデキが良くても展開は必要。
まぁ、軸にはしづらい感じはするね。

トウショウウェイヴ
デキは高いレベルで安定しているが、今回ばかりは軸にできない。
理由は、距離が短いんじゃねぇか?っていう意見が揃って出てくる。
1800m以上は必要で、この馬の理想を言うと2000m以上は欲しい所。
ただ、終いは確実に脚を伸ばしてくるんで、相手には必要なんじゃないかな。

ゴールデンダリア
レース後の反動はなく、順調な追い切りという感じで報道されているこの馬だが、実際の所は反動はあったとのこと。
前走の時が余りにもデキが良く、そのデキと比べると今回は少し落ちるとの話だそうだ。
時計は出ているんで心配は無いと思うが、万全とは言い難いという話だね。

タケミカヅチ
ようやく本来の動きになってきたかなって感じのこの馬。
首をグッと下げて、掻きこみの強いフットワークは迫力満点だったそうだ。
反応も良くなってきて、デキはかなり上向いてきたって話だから、注意は必要かもな。

とまぁ、こんな感じなんだが、追い切りの話をして思い出したのが、読者さんからのある質問。

質問は、【勝負掛かりの調教というのはどのようなものなんですか?】ということなんだが…。

いや、ごめんw
これは分からねぇなw

つーのも、陣営によって違うだろうし、個体差もある。
どれが勝負掛ってるかってのは、陣営の話を聞かないと俺も分からないってのが答え。

デキの云々なんてのは、動きを見ててたまに分かったりもする。
例えば、ウッドチップで追われている時、ウッドが真上に上がっている時は、デキがイイとかな。

ただ、勝負掛ってるかどうかってのは、競馬新聞に載っている追い切りの話じゃ分からねぇよ。

この間のオークス。
いつも坂路で追っていたアパパネがプールとコース追いを多く取り入れた。
アレはなんでか?と言えば、あれを勝負調教と言うならそうかもしれないが、アレの理由は、オークスの2400mという距離に対応できるようにするためなんだよ。

だが、そういう話は聞けば分かるが、普通は分からねぇと思うよ。

あと、俺ら記者連中の中で有名なのを挙げると、角居先生のとこは、調子のいい時はコースで追うんだが、調子の悪い時は坂路に入れたりする。
まぁ、これで馬券の取り捨てをする記者もいたね。

だから、一概にコレが勝負調教ってのは無いってのが答えかな。
あくまで、調教+陣営の話=勝負かどうか?って感じだと思うよ。
少なくとも、俺はそうだったね。

フサイチセブンとか調教で走らねぇ馬もいるしよw

とまぁ、これで答えになったかどうか分からねぇけど、今日の追い切りの話はここまでかな。
んで、まだ西からの話は届いていないんで、CBC賞についてはレース当日にでも時間があればUPするよ。
つか、明後日の東京JSのネタって必要かな?
必要なら、多少なりともUPしとくよ。
とりあえず、その辺の話も楽しみだって人は応援ついでにランキングのクリックでもしておいてくれよな。



人気ブログランキングへ

にほんブログ村 競馬ブログへ
にほんブログ村

競馬
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。