--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2010-10-23

菊花賞の全頭情報

おはようさん。
馬券を買うのが一週間ヅレると、何もかもヅレるなw
馬単で買えば2着や3着まで、パルフェやブルーミングアレーまで2着や3着ってなぁ…w
つか、アレーは乗り役の下手乗りだろw
俺が買うと乗り役も緊張すんのかね?w
そんなヅレのせいで、レースも一週間ヅレちまってたよ。
メールで優しいツッコミが来たんで、コッソリ直しといたよw
スワンSと富士Sを間違えるとかもうね?
更に、今日のオフレコと明日のオフレコネタもヅレてるし、そらぁ、当たらねーよw
逆ネ申に近い状態だから、まぁ…情報だけ上手く使ってよw

んじゃ、菊花賞の全頭情報を公開するんで、楽しみに待っていた!なんていう人は続きで確認してくれよなw
1-1 ヒルノダムール(牡3、藤田伸二、栗・昆貢)
シンジが自信満々に「勝てるで!」と話していたそうだ。
オーナーサイドでもかなり馬券を購入する人がいるらしく、シンジも「今は身内からプレッシャー掛けられ取るよwww」と話していたらしいわ。
何せ、デキはよく、ここを目標に仕上げてきたのが見た目でもう分かるほど。
しかも京都は相性のいいコースだけに、勝ち負けできると思って良いわ。

1-2 レーヴドリアン(牡3、福永祐一、栗・松田博資)
調教では相変わらず動かない馬なんで、どんな相手と併せようが関係ないw
陣営は「デキはいいよ。腹回りもふっくらしてきたし、雰囲気が古馬っぽくなってきたよ」と話していたそうだ。
ユーイチも2走目の騎乗だけに安心できると思うし、京都競馬場はこの馬にとってプラス。
まぁ、一発はあるかもしれないということで押さえている人が多かったね。

2-3 クォークスター(牡3、藤岡佑介、美・堀宣行)
この馬を担当している人が「もうドキドキしているんだ。あとは騎手の腕次第だよ」と話していたそうだ。
この人は、藤沢さんのところでやっていて、堀さんの所に来た腕利きさんなんだけど、その人は藤沢さんの時代にもGI馬を手がけているんだよ。
その人が、当日の落ち着き次第で、ローズなんかに負けないって息巻いていたらしいよw

2-4 ネオヴァンドーム(牡3、武幸四郎、栗・藤原英昭)
今週はシッカリ追い切られていたね。
52秒台の時計が出れば上出来なんだけど、周りの評価はあんまりよろしくない。
理由は、陣営も話していたが、距離が長過ぎるんだわ。
デキはいいんだけど、勝ち負けまでは厳しいって話だよ。
陣営も「いかにごまかして運べるか…かなぁ」って感じらしいわ。

3-5 シルクアーネスト(牡3、松山弘平、栗・池添兼雄)
いい時計が出たんで、動きは良かったんだろうと思っていたんだけど、実際に見ていた人からは、「歩様に硬さが見えるね」とのこと。
前走後、すぐに放牧に出していたが、本調子には戻らなかったって感じかな。
ただ、バテる馬じゃないので、見せ場は作れるんじゃないかと思うわ。

3-6 ビッグウィーク(牡3、川田将雅、栗・長浜博之)
追い切りは終いまでキッチリ伸びていい動きを見せていた。
その動きも頭をい低くして首を上手く使って走れるようになったとのこと。
前は、頭が高くて体全体を使って走っている感じじゃなかったが、今のデキなら楽しみが十分にあるそうだ。
ただ、それでも決め手不足というのはあるんで、小回りコースなら勝ち負けと言えるんだが、乗り役次第ってところかな。

4-7 ミキノバンジョー(牡3、太宰啓介、栗・大橋勇樹)
飼い葉食いが良くて体をフックラさせてここまで順調にこれたとのこと。
ただ、追い切りで時計を出し過ぎた感があるらしく、陣営は「ちょっと予定より速かったなぁ…今日の調教の疲れが残らないと良いんだけど…」と心配していたそうだ。
距離も問題ないし、内々でジックリ脚を溜められれば、弾けるだろうね。
でもまぁ、力関係を冷静に把握すると、厳しいんじゃないか?という意見が殆どだわ。

4-8 トレイルブレイザー(牡3、和田竜二、栗・池江泰寿)
使うごとに良くなってきて、鍛えられた筋肉が付いてきたって感じがするのがこの馬。
春よりも間違いなく力が付いているし、折り合いも全く心配が要らない。
持久力もあるし、長くいい脚を使えるこのレースにはピッタリの脚を持っている。
後は力関係だけで、話によると、後一歩足らないという感じらしいが、俺は足りると考えているよ。

5-9 シルクオールディー(牡3、四位洋文、栗・昆貢)
「思い通りに調整ができたけど、力的にどうかって感じかな…」と弱気な陣営。
今週の動きは良かったんで、結構強気に来るかな?と思ったんだがね。
ただ、切れ味は無いけど3000mは走る生粋のステイヤーだけに持久戦になれば出番ありだわ。

5-10 ローズキングダム(牡3、武豊、栗・橋口弘次郎)
状態は…めっちゃいいそうだw
ユタカさんも「追い切りに乗ったけど、状態の良さがダイレクトに伝わったよw」と話していたそうだ。
ユタカさんもここでGI獲らないと連続GI優勝記録が途切れる恐れがあって、「本当にいい馬に声を掛けてもらって感謝している。チャンスを貰ったから期待に応えたい」と話していたそうだ。
まぁ、中心視にはなるんだろうな。

6-11 リリエンタール(牡3、安藤勝己、美・藤沢和雄)
一言…オツカレサマデシタ。

6-12 ビートブラック(牡3、幸英明、栗・中村均)
前走の後は疲れが出ちまったんだけど、それはすぐ取れて、ここを目標に調整がすることができたそうだ。
デビュー当時は体が弱くて、話にならなかったんだけど、夏を越えて本当に良くなったとのこと。
ただ、ピリッとした脚がない分、最後でどうか?って感じがある。
陣営は「いい結果に期待したい」と話しているが、周りの評価はここでは厳しいというのが正直なところだそうだ。

7-13 ゲシュタルト(牡3、池添謙一、栗・長浜博之)
この馬は頭が良いのか、ゾエがなった時と、助手が乗った時では、動きが全く違うそうだ。
それにローズとの叩き合いで相手を抜かせなかったことがあるように、実力もある。
心肺機能も高いので、長い距離も合うと思うんだが、前走が不甲斐なさ杉。
ちょっとここは静観したいという意見が多かったね。

7-14 コスモラピュタ(牡3、津村明秀、美・高橋祥泰)
まぁ、オツカレサマで終わるかと思ったら、ここから買うなんて記者がいたわw
理由は、一夏を越して体が増えてきたって話で、中間も至って順調で臨戦状態も整ったし、輸送でイレ込むような馬でもない。
実力をシッカリ発揮できるタイプだとのこと。
今回も自分の競馬さえできれば好結果が付いてくるってよ。

7-15 トウカイメロディ(牡3、吉田隼人、美・後藤由之)
3連勝で勢いがあるし、古馬を負かしてきた強みもあるんだけど、ちょいとここは厳しいかもしれない。
陣営関係者が「ちょっとウチは厳しいよ。確かに古馬を負かしてきたけど、アノくらいのレベルなら、もっとぶっちぎってほしかったよね。このメンバーじゃ厳しいと思うよ」とのこと。
陣営はここを目標に仕上げてきているみたいだが、こんな弱気なコメントがあるとは思わなかった。
バッサリ馬券から切りたいと思うわ。

8-16 カミダノミ(牡3、小牧太、栗・森秀行)
一言…オツカレサマデシタ。

8-17 アロマカフェ(牡3、柴田善臣、美・小島太)
本質的には中距離までの馬なんで、今回は厳しいかなと思いきや、今年のメンバーを見て陣営は色気を見せてきた。
「エイシン回避となると、これ面白いねw今年最後のつもりでキッチリ仕上げたよwww」とのこと。
大崩はしないだろうが、距離はやはり不安がある。
軸にはできないが、相手には必要だと思うよ。

8-18 サンディエゴシチー(牡3、浜中俊、栗・作田誠二)
体の使い方が張るとは比べ物にならないくらい良くなってきたそうだ。
今回は体も増やしてきて500キロくらいなるとのこと。
大型馬だけに、叩いてからの方がいい馬で、しかも前走は折り合いを欠いていて勝負にもならなかった。
叩かれて状態は上向き。
陣営は「前走のようにはならないよ」と自信ありげで話していたが、距離だけが疑問。
陣営も「ここでいい競馬ができなければマイルに変更するよ」と話していたそうだ。

とまぁ、こんな感じ。
とりあえず、俺の買い目は明日にでも公開するわ。
参考になったなんていう人は、応援ついでのランキングのクリックだけ頼むよw
何せ、今日は酷い目にあったhhhhh
不貞寝してくるよwwwww



人気ブログランキングへ

にほんブログ村 競馬ブログへ
にほんブログ村

競馬
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。