--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2010-11-13

エリザベス女王杯 全頭情報

おはようさん。

まぁ、結局やられたなぁ。
馬単3本当たっても、ちょいと配当が付かなかった。
もうちょい付いてくれりゃ、万々歳だったんだが、まぁ、仕方ないか。
にしてもだ…ノリさん、なにやらかしてくれちゃってんのよwwwww
「もう少し休めってことかな?」じゃねーよwww
そんな無茶してまで獲るレースじゃないだろw
あのレース、テメェの馬券は外れたけど、馬券以外の話でちょっと吹いたよw
まぁ、やっちまったもんは仕方ないね。
ノリさんには、もう少し大人しくしていてもらおうw
12月のGI戦線に戻ってきてくれりゃいいからさ。

さて、明日のエリザベス女王杯についていつも通り全頭情報を公開して行こうと思うんで、楽しみに待っていたなんて言う人は、続きで確認してくれよなw
1-1 コロンバスサークル(牝4、武豊、美・小島太)
一言…オツカレサマデシタ。

1-2 セラフィックロンプ(牝6、宮崎北斗、美・武藤善則)
状態はすこぶるいいそうだ。
北斗もこの馬に乗るために、ここで復帰できるようにテメェの体を調整してきた。
今週の追いきりでもダイナミックな動きを見せていて、状態の良さには太鼓判を押せるとのこと。
穴党の人にはオススメだね。

2-3 レジネッタ(牝5、幸英明、栗・浅見秀一)
どこが悪いってわけでもなく、逆にデキはいいとのこと。
余りにも結果が出なくて、もう終わった馬とか思われがちだが、走ってもおかしくないデキとのこと。
後は、折り合いだけで、流れ次第では上位進出も可能だってよ。

2-4 テイエムプリキュア(牝7、国分恭介、栗・五十嵐忠男)
前走が53キロで踏ん張れなかったっていう点では、情けないんで普通に切りの馬なんだが、休養効果で体を大分戻してきたそうだ。大きく見せていて、走りにも前向きさが出てきたとのこと。
ここ数走のようなことはないんじゃないか?って話もある。
押さえておいて損は無い。

3-5 アパパネ(牝3、蛯名正義、美・国枝栄)
この馬の取り捨てが一番重要なんだけど、押さえには入れとかなけりゃいけないんだろうなぁって感じか。
いや、もうメイチは前走なのさ。
しかも、前走後は流石に疲れが出てたって話しだ。
陣営は「デキは平行線…かなぁ…」と言った口ぶりで、ブエナのような匂いまではしない。
軸で買うっていう記者も多くいるんだが、古馬との力関係を考えたら、ここは軸ではなく相手までって感じかな。

3-6 スノーフェアリー(牝3、R.ムーア、英・E.ダンロップ)
明日の朝にでも。

4-7 サンテミリオン(牝3、M.デムーロ、美・古賀慎明)
前走の敗因について、ゲートの中で突進して口を切っちまったんだわ。
そんでハミが利かなくてどうしようもない状態。
完全に参考外と考えた方がいい。
しかも今週追い切った後の気合乗りは前走以上で、ここでも十分に勝負になるってよ。

4-8 ブライティアパルス(牝5、藤岡康太、栗・平田修)
使い減りがなくなって、レース後の回復が早い。
前はイラついたり、気負ったりしてたんだけど、それが見られなくなった。
食いも良くて、食べたものが実になっているという感じもするとのことで、成長している。
陣営は「チャンスあると思っていますよ」と全く諦めてなく、当日の落ち着き次第では着はあるかもしれんよ。

5-9 メイショウベルーガ(牝5、池添謙一、栗・池添兼雄)
前走後、ここを目標にして仕上げてきたのがこの馬。
動き・馬体・気配と三拍子揃っているとのこと。
前走は少し太かったが、それは完全な叩きと思っていい。
陣営は「万全の体制で送り出せるよ。ベルーガに勝ってタイトルを手にしてもらいたいね」と話していたってよ。

5-10 ヒカルアマランサス(牝4、C.ルメール、栗・池江泰郎)
ストレスがすっかりなくなっていたそうだ。
まぁ、休養効果と言ったところだと思う。
体もすっごいフックラとしていて、柔らか味も戻ってきているとのこと。
何しろ、以前感じられていた張り詰めたようなモノがなく、イイ状態には変わりない。
後は、実戦に出てどうか?と言う感じだが、能力全開ならこの馬が勝つ!なんて言っている記者もいたよw

6-11 プロヴィナージュ(牝5、佐藤哲三、美・小島茂之)
オツカレサマデシタ…。
くそぅ…。
ここまで追っかけてそりゃねーだろーよ…○rz

6-12 アニメイトバイオ(牝3、後藤浩輝、美・牧光二)
前走は勝った馬が強かったけど、今回はそうはいかないよ!と息巻いていたのがここの陣営。
何しろ、ここにきてドンドン力を付けてきていて、今では古馬を相手にしてもヒケは獲らないんじゃないか?とのこと。
どんな競馬になっても強烈な末脚をだしてくるだろうから、陣営もそれを鍛え上げる調整。
「この末脚で1番になってくれたらいう事ないですよ」と話していたそうだ。

7-13 サンレイジャスパー(牝8、難波剛健、栗・高橋成忠)
一言…オツカレサマデシタ。

7-14 アースシンボル(牝5、田中勝春、美・宗像義忠)
状態はいいし、今では力まず走れるようになって、能力を美味く出し切れている状況とのこと。
前回も牡馬相手に勝っているように、相手は強くなるんだけど、頑張ってくれるんじゃないか?と陣営は考えているが、冷静に考えると、ちょっと足らない気が俺はするけどな。

7-15 ムードインディゴ(牝5、川田将雅、栗・友道康夫)
一言…オツカレサマデシタ。

8-16 アーヴェイ(牝4、J.カステリャーノ、加・R.アトフィールド)
明日の朝にでも。

8-17 リトルアマポーラ(牝5、福永祐一、栗・長浜博之)
いらないだろ!と思ったんだけど、ここ最近では一番イイデキなんだってよ…w
飼い葉の食いも良くて、追い切りもシッカリと負荷をかけられて、それに応えて馬もドンドンデキが良くなっているとのこと。
穴に考えておいてくれって言われたわ。

8-18 シングライクバード(牝5、鮫島良太、栗・友道康夫)
この馬なりにデキはいいんだけど、後は力関係だけって感じらしい。
腰からトモにかけて筋肉は盛り上がっているし、調教もハードにやれているし、まだまだ伸びシロもありそうだとのこと。
そういう話を聞くと先物買いをしたいところだが、ここじゃなく、来年…って感じがするんだよなw

とまぁ、こんな感じ。
外国馬2頭については、いつもネタをくれる人からのメールが来ていない。
それが来たら、UPするわ。
明日の朝には来るんじゃないかな?と思っているんで、まぁ、それまで気長に待ってくれる人は、応援ついでのランキングクリックだけしておいてくれよなw



人気ブログランキングへ

にほんブログ村 競馬ブログへ
にほんブログ村

競馬
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。