--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2010-11-20

マイルCS 全頭情報

おはようさんw
いやぁ…、まぁ…w
アレだ。
明日の馬券を全部負けたとしても、今日の東京最終のお陰で、明日の飲み代は俺の持つっていうのが確定したww
昼間の酒代から全部持つんじゃないかな?
つか、今までの分も含めて、仲間には銭は馬券代以外は出させないつもりだから、まぁ、それくらい儲けたw
つか、大笑いだよ。
こういう一発があるから、競馬はやめられないなw
今回乗っていた人もいたみたいで、良かったなw
100円しか買えなかったー!なんて言っていた人いたけど、100円が18万だろ?w
上等ジャネーカ…w
中には1000円づつ流していた人もいて、帯封ゲットかw
券売機じゃなくPATだろうから、その気分は味わえないのはちょっとザンネンか。
何にしても、獲った人はおめでとうさんw
更に明日増やせれば、美味しいことこの上ないから、このまま確変と行きたいところだ。

ま、いつも通り、今日もマイルCSの全頭情報をUPしておくよ。
気になる人は続きで確認してくれよな。
1-1 ファイングレイン(牡7、浜中俊、栗・長浜博之)
一言…オツカレサマデシタ…。

1-2 スマイルジャック(牡5、三浦皇成、美・小桧山悟)
コウセイ騎乗で、中間も緩めることなくキッチリ追われて、体は出来上がったって感じだ。
しかも叩き3走目で気配はかなり良く、京都のマイルも切れるしベストの条件。
流れ一つで勝ち負けまであると話す記者は多かったね。

2-3 ライブコンサート(セン6、和田竜二、栗・白井寿昭)
今週は終いだけ確かめる程度の追い切りだったんだが、先週にシッカリやっているので、これで整ったとのこと。
そして、デキは前回よりも間違いなく良くなっていて、動きも雰囲気もいい。
いいんだけど、コイツは展開次第と言うのは否めない。
展開の助けがないと、掲示板もムリだろうね。

2-4 オウケンサクラ(牝3、武豊、栗・音無秀孝)
前走は陣営が思っていた以上に走ったそうだw
記者が「何が良かったのか?」と聞いたところ、ムリに押さえたり引っ張ったりしなかったお陰で、馬の気のままに競馬をさせたのが良かったんだと思うとのこと。
正直な話、天皇賞は叩きでここが勝負だったそうだ。
距離短縮もプラスだし、前走のような競馬ができれば、上位進出があってもおかしくないってよ。

3-5 テイエムオーロラ(牝4、国分恭介、栗・五十嵐忠男)
スタートもよくダッシュ力もある。
それでいて、レースも巧く、控えてからでも行けるし、何しろどんな形になろうと結果を残しているんだけど、これは全部スローペースの時なんだよな。
今回はジョーがいるんでハイペースになる可能性が高く、となると…ちょっと厳しいかもしれない。
ただ、馬は良くなっているし、国分もかなりやる気で結果を残す乗り方をしてくるんじゃないかとのこと。
押さえには必要かもな。

3-6 ジョーカプチーノ(牡4、藤岡康太、栗・中竹和也)
1年5ヶ月ぶりで更にプラス38キロ。
そんな状況で前走はしっかり結果を残して、今回はもちろん、叩かれた上積みありでデキは更に上向き。
陣営も、「NHKも前走もフロックじゃないよ。今回もハナを切れそうだし、落ち着いて走れば狙えると思っているよ」とのこと。
ギリギリで出走が叶ったこともあり、運も味方につけた。
ノーマークは危険だと思うわ。

4-7 ショウワモダン(牡6、後藤浩輝、美・杉浦宏昭)
もう、終わった馬だろ…と思っていたら、ようやく復調気配だとさ…w
前走もセンセーはデキを疑ってかかり、着狙いの騎乗で、位置取りも悪く、あの結果に。
レース後に関係者は「ブエナと同じ場所にいたら、イイとこまでいけたと思うよ」と話していたそうだ。
でも、前回よりも今回のほうが条件のいいマイル戦。
輸送も苦にしないタイプだけに、今回だけは押さえたほうがいいかもしれないね。

4-8 ダノンヨーヨー(牡4、C.スミヨン、栗・音無秀孝)
デキは前走と変わらずいい状態で、今週の追い切りもオーバーワークにはなっていないとのこと。
まだまだ課題のある馬だが、前走は思ったような走りもできて、最後はいつもの脚を使い、いよいよ本格化か!?と言われているんだけど、どうも記者連中の評価はあんまり高くない。
前走でも追い出してからウチにモタれたりしていたし、勢いで勝ち進んだだけで、GIで勝ち負けできるとは思えないとか、人気になるなら嫌いたいネェと言った感じらしい。
まぁ、俺も同じ意見なんだけどなw

5-9 トゥザグローリー(牡3、M.デムーロ、栗・池江泰郎)
具合だけで言ったらこの馬が一番イイらしいわ。
今週の追い切りでもシッカリ最後まで集中していて、凄くいい感じだったらしい。
前走使った後も回復が早く、スグに馬体重が戻ったとのことで、陣営も「デキで言ったら今回は今までで一番いいよ」と太鼓判。
我慢も利くようになったし、後はGIで何処までできるかなんだけど…。
残念ながら、勝ち負けできるほどの雰囲気を持っていないっていう現場の意見は多かったんだよな。

5-10 マイネルファルケ(牡5、松岡正海、美・萱野浩二)
先週までは買えないな…と思っていたんだが、今週のひと追いでガラッと変わったそうだ。
先週、ハードに追われて動かなかったのが、今週は軽快なフットワークでラストもシッカリ伸びて態勢が整った!とのこと。
陣営も「一度叩いて本当に良くなってくれたよ。後は時計かな?1分33秒前半の決着なら大丈夫だと思っている」ってよ。

6-11 ワイルドラズベリー(牝3、池添謙一、栗・中尾秀正)
ローズは直線を巧く捌けず…。
秋華賞は距離が長く、更に外枠…。
今回はビタの条件でようやく走れるといった感じで、「決め手勝負なら負けないですよ」と陣営も色気タップリ。
これから大きいところをドンドン狙える馬で、陣営もここを目標に仕上げてきた。
軽くは扱えないと思うよ。

6-12 アブソリュート(牡6、田中勝春、美・宗像義忠)
カツハルが「いいよ!本当に良くなった!一発狙っちゃるよ!」と話していたそうだw
んでまぁ、結構な記者が推しているんだよ。
夏負けが尾を引いて復帰に時間を食ったが、今は本当にデキが良くて、陣営も「辛抱強くやってきた甲斐があったよ」とのこと。
昨年よりもデキはよく、今回は俺もカツハルに乗ってみようと思うわw 

7-13 エーシンフォワード(牡5、岩田康誠、栗・西園正都)
一言…オツカレサマデシタ。

7-14 ガルボ(牡3、津村明秀、美・清水英克)
デキは確実に上向き。
上向きなんだけど、ここでは力関係でどう出るかって所らしい。
記者の意見では、まぁ、ちょっと難しいんじゃない?って意見が殆どで、軸に買うって言う人は1人もいなかったな。
だが、押さえている人は結構いたよw

7-15 ゴールスキー(牡3、福永祐一、栗・池江泰郎)
穴党の人に勧めたいのがこの馬。
一発ある!警戒は絶対に必要!というメールが本当に多い。
前走よりもデキは上向いていて、雰囲気も悪くないとのこと。
パワーアップしていてバランスも良くなった。
春の時点では体質の弱さで何もできなかったけど、今はそれも無い。
陣営は、自信をもって送り出してくるってよ。

8-16 サプレザ(牝5、C.ルメール、仏・R.コレ)
これは明日の朝にでも。

8-17 キンシャサノキセキ(牡7、R.ムーア、美・堀宣行)
記者は重たい印をつける人もいるんだけど、陣営はなんか白旗ムードっぽいんだよ。
何でも、「いやぁ、折り合いがねぇ…どうしてもさ?wいくらムーアでも持ってかれちゃうと思うんだよ」とのこと。
まぁ、マイルだし、確かにそう言うのは有る。
ただ、これまで陣営はマイルに対応できるだけの調教を課してきた。
それに、ムーアでもと言うが、ムーアなら!との見方もある。
陣営は白旗に近いが、デキは万全で問題は距離の不安だけで白旗なら、重たい印をつけるという感じなんじゃないかな。

8-18 キョウエイストーム(牡5、蛯名正義、美・中川公成)
ここも陣営が白旗ムード。
「中山なら…ねぇ?w」と言った感じだそうだ。
何でもこの馬はキョウエイナカヤマストームと言われるほど、中山が大好きなんだってよw
陣営も「このメンバーで中山なら、着…いや、頭も自信あるよ。でも京都なんだよねぇw」と言った感じ。
口ぶりから、デキはいいが、京都はダメって感じだと思うが、んー…、俺は手を出したくねーなぁ。

とまぁ、こんな感じ。
後は明日の朝にでもネタはUPするよ。
もちろん、寝坊しなければなw
寝坊しないように応援してくれる人は、ランキングのクリックでも頼むよw



人気ブログランキングへ

にほんブログ村 競馬ブログへ
にほんブログ村

競馬
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。