--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2010-12-18

朝日杯FS 全頭情報

んー…、まぁ、阪神Cのキンシャサは来てくれて良かったんだけど…、なんかFC2ブログが何か変だ。
記事が、何箇所か消えちまったよ。
キンシャサを紹介した記事も消えたしなぁ。
たまにこういう事があんだよなぁ…。
まぁ、いいや。
とりあえず、消えちまったもんを思い出しながら書くのもだるいし、テメェの馬券を見ながらブログを書き出すのもアレだし、そのまんまにしておくわ。

さて、朝日杯FSの全頭情報を公開していくんで、気になる人は続きで確認してくれよなw
1-1 オースミイージー(牡2、渡辺薫彦、栗・沖芳夫)
前走の時は脚に腫れがあって、一頓挫したことはしたんだが、今は問題ないとのこと。
ただ、今回はテンションが少し上がってきていて、違う意味で不安も出ている。
まぁ、マイルが微妙っちゃー微妙な馬なんで、この馬が逃げるとは思うが着まで残るかどうかって所じゃないかな。

1-2 リベルタス(牡2、福永祐一、栗・角居勝彦)
ディープ産駒にしては馬格があって、今は走ごとにドンドン良くなって、成長しているとのこと。
筋肉もついてきたし、デビュー当時と比べると段違いだそうだ。
ただ、この馬にはピリッとした脚が無い。
ジワジワと加速するタイプだけに、中山がどうか?って思っている記者も多い。
ソレに対しては「中山?問題ないよ。今は不安よりも楽しみのほうがでかいんだ」と陣営は話しているんで、杞憂に終わるかもしれないな。

2-3 マイネルラクリマ(牡2、松岡正海、美・上原博之)
陣営関係者は「ちょっと、正直言うと、自信ないね」とまさかの白旗宣言。
いや、コース替わりで、一度使って良くなっているだろうし、器用さも持っているし、今回も流れ一つで、十分にあるんじゃないか?と思えるんだけど、相手との力関係を冷静に考えてとのことらしいわ。

2-4 ブラウンワイルド(牡2、浜中俊、栗・坂口正則)
陣営は、「エーシンブランよりもこっちのが動くし、体調もいいよ」とのこと。
ただ、前走が案外な結果なんで、それだけで敬遠したいところでもある。
だが、体も大きくなったとのことで、成長をしているのも確かな話で、終い勝負になればこの馬にも目は十分にある。

3-5 リアルインパクト(牡2、F.ベリー、美・堀宣行)
デキは万全で思い通りの仕上げをすることができたし、デキだけで言えば勝ち負けできるって話なんだが陣営は「サダムにスムーズな競馬されたら、勝てないだろうなぁ…」と白旗宣言。
何と言うか、陣営は距離に不安を持っているようで、1ハロン延長を良く思っていない。
何でも、行きたがる気性が強くて、どうしても掛かってしまうらしいんだわ。
今回は強気なコメントも無く、控え目とのことなんで、ちょっと残念と言えば残念かな。

3-6 タガノロックオン(牡2、田辺裕信、栗・松田博資)
一言…オツカレサマデシタ。

4-7 トキノゲンジ(牡2、安藤光彰、栗・梅田康雄)
一言…オツカレサマデシタ。

4-8 リフトザウイングス(牡2、C.ルメール、栗・橋口弘次郎)
前走はいい動きを見せてよく追い上げたと思うし、正直、力が無ければあんな動きはできないと思う。
その前走後はダメージもなく順調で、デキもよく、満足な状態で送り出せるらしいわ。
陣営も「1頭強いのいるよね。でもウチも負けてないよ。不器用じゃないから中山コースも問題ないよ。」と強気な発言。
勝ち負けあると思うよ。

5-9 ロビンフット(牡2、後藤浩輝、美・堀井雅広)
先週、好時計を出して、もう十分に仕上がっていたと思う。
その分、今週は確かめる程度の動きで、時計も先週ほどは出ていないんだが、脚取りはシッカリしていて、陣営も活気溢れているとのこと。
デキは高いレベルで安定しているって話しだし、あんまり人気してないようだが、穴を空けるとしたらこの馬かもしれないって話が多かったわ。

5-10 サダムパテック(牡2、C.スミヨン、栗・西園正都)
んーっと…、この馬は扱いに困るんだよなw
ある乗り役の話だと、この馬は余り良く見えないなんて話も聞いたし、追い切りからの話でも疑って掛かりたいって言う人が多いんだわ。
もちろん、ここから買うって人もいて、買うって言う人は、前走のあんな荒削りな内容で
あんな勝ち方をするんだから、ここでも問題ないという話。
疑ってる人等は、ここまでの調整内容を見ての話。
さて、どっちを取るかなんだが、これってまぁ、前回の阪神JFで紹介したダンスファンタジアみたいなようなもんだな。
あの時のダンスは来なかったし、俺も評価を下げた。
今回も、俺の評価は、この馬に対しては下げ気味だよ。

6-11 グランプリボス(牡2、M.デムーロ、栗・矢作芳人)
日に日に良くなっているのがこの馬。
なにやら、既にデムーロもこの馬を手の内に入れているらしく、陣営も「理想的な追いきりができたし、万全と言ってもいい。このコースなら付け入る隙もあるよ」と話していたそうだが、いかんせんバクシンオー産駒。
いくら良くても、俺としてはバクシンオー産駒で1600は手が出しづらいわ。

6-12 シゲルソウサイ(牡2、幸英明、栗・湯窪幸雄)
抜群の追いきりを見せたのがこの馬。
ムリをして出したのか?と思いきや、余力十分だったとのこと。
オーバーワークではなく、それだけ順調に来たって証拠らしい。
持ち前のスピードで逃げ切りってのも十分に考えられるが、ダートの方がこの馬は大成するんじゃないか?と個人的には思う。
なんにしてもノーマークは危険な馬だってことは確かな話だね。

7-13 エーシンブラン(牡2、蛯名正義、栗・坂口正則)
一言…オツカレサマデシタ。

7-14 マジカルポケット(牡2、安藤勝己、栗・領家政蔵)
ここまでに一頓挫あった馬。
熱発で調整が上手く入っていないのかと思いきや、馬体がスッキリして、力みも感じられず、いい雰囲気になっていたそうだ。
ただ、京王杯を使えなかった分はマイナスではあるし、ここを使えなかったのは正直痛かったとのこと。
ただ、完成度は高いので押さえには必要だし、軸で行く人もいたね。

8-15 アドマイヤサガス(牡2、小牧太、栗・橋田満)
動きは良く、馬体重も増えたとのこと。
その増えた体も、太め感はないので、成長分と考えていいとの話だわ。
仕上がりも申し分なく、スムーズに立ち回れば十分戦えるとの事で、外枠は不利ではあるが、揉まれない分この馬にはいいのかもしれない。
馬っぷりも良く能力も高そうとのことで、来年のクラシックも楽しみだし、古馬になってからも楽しみの方が大きい馬とのこと。

8-16 タツミリュウ(牡2、江田照男、美・矢野英一)
すげぇ…残念!
俺は、この馬から行こうとしていたんだわ。
何しろ、デキが半端なく良く、陣営もエッライ色気を持っているんだわ。
それが大外とか…もうね?w
陣営も週中までは「一泡吹かしたるぞ!」と息巻いていたらしいが、枠順が決まったときに…「うぁ…大外とか、聞いてネーよ…」と言った感じだったらしいわ。

とまぁ、こんな感じで、俺は何処から行くかと言えば、ロビンフッドとアドマイヤサガスの2頭軸総流しで。
自信度はDくらいかなw
まぁ、自信はねーよw
タツミが内を引けなかった時点で、かなり俺のテンションは落ちたのは確かだしな。
まぁ、軽めに流して楽しもうと思うよw
んじゃ、明日のネタは明日の昼までにはUPする予定なんで、それを楽しみにしているっていう人は、応援ついでのランキングクリックでもしておいてくれよなw



人気ブログランキングへ

にほんブログ村 競馬ブログへ
にほんブログ村

競馬
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。