--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2009-04-16

頭いてぇ…○rz

昨日はかなり飲んだよhhhhhhh
あったま痛くて、今起きた罠w
酒好きのヤツと飲むと疲れる年になってきたって事だぁな。
あんまり酒の場ってのは、好きじゃないってのもあるんだがな…^^;
美味しい話が聞けるかも知れねぇから付き合ってるって感じだが、酔っ払っちまって、全く話の内容を覚えてねぇ…○rz

ダメジャン!hhhhhhhh

んでも、一緒に飲みに行ったヤツから貰った資料みたいのはあっから、それを見て思い出しながら書いたり、改めてさっき電話したりして聞いたから、まぁ、大丈夫だと思うよw
これから、酒の席で情報を聞くっつーのは、俺にとってタブーだな…。
まぁ、アレだ。
気になる人は続きでも読んで暮れやw
やっぱ、その席で一番に上がったのは、今週の皐月賞だよ。
アンライバルド・ロジユニヴァース・リーチザクラウン。
3強って呼ばれているんだろうけど、まぁ、確かにこいつ等はツエーヨw
この3頭とも危なげない追い切りをしてたらしいからな。
穴は見つからねぇってのが、本音な所だわ。

だけど、この中であえて言うなら、ロジになるんだろうな。
追い切りの時計もさる事ながら、力強い伸び脚は前走よりも更にパワーアップした感じの方が強いそうだよ。

2番手はリーチザクラウンかな。
この馬が2番手の理由ってのは、ロジと比べると持っている力は変わらんと思うけど、ロジよりも折り合いの面に不安が残る感じらしいんだわ。

そして3番手になるのがアンライバルドなんだけど、これは意見が真っ二つに分かれたんだよ。
今週の追い切りを見た俺の知り合い達が、いい動きだったと言うヤツと、上積みは感じられないねっていう意見だわ。
確かに、動き自体は良かったかも知れねぇけど、ラスト1Fの時計が13.3秒だっけか。
他の馬が同じコースの一杯追いで、バンバン13秒を切ってるって言うのに、この時計は?ってのもあんだろうな。

3強については、こんなもんだわ。
まぁ…、酔っ払ってて、少し忘れちまっているってのもあるんだけどよ…○rz

んで、こっから先は、皐月賞に関するウラ話で、更に詳しくは書けねぇ…。

そのウラ話ってのが、この間の弥生賞のことなんだけどよ、この間の弥生賞を覚えてるか?
きっと覚えていると言う人が殆どだとは思うが、どういうレースだったか?ってヤツまで聞くとどうだろう?

「ロジとミッキーペトラで決まったレースで、ロジの強さが際立ったヤツだよねっ!」

とか言うんじゃねーからなw

何が良いたいかというと、あのレースで、アーリーロブストってのがいただろ?
まぁ、この馬を買っていたヤツで、感の鋭いヤツはすぐ分かるんだろうけどよ。

あのレースをもう一回、JRAの公式でアーリーロブストをよーっく見ててみw

スタートは出遅れたわけでもない。
だが、腕は一切動かさずに後ろに付けた。
いつもはある程度、馬に任せて前に付けに行くのに…ナンデダロウナw

道中、かなり馬は行きたがっていたが、ヤネは腕をピクリとも動かさない。
しかも、最後の直線では2~3発しかムチを入れていない。
それも、ラスト200mくらいの所でようやくだ。

ナンデダロウナ?w

アノ時のレースは結局、ロジが勝ったんだけど、その時のロジの上がりが35.8秒。
そして、アーリーロブストは35.9秒。
コンマ1しか変わらねぇって話だ。
もし、ロジより前に付けていたらどうなってたんだろうな?w

んで、あの時のヤネのコメントってのが、「いいスタートを切ったけど、掛かりそうになったりして道中いい走りが出来ませんでした。悪い馬場に脚をノメらせていたので、この馬には良馬場の方が向いているんでしょう」だとさw

さぁって、これはどういうことなんだろうな?w

ヒントとしては、弥生賞に出なくても、この馬は賞金的に皐月に出走できる権利があった。
そして、皐月賞は中山で行われる。

まぁ、後は自分で想像してくれよw
これ以上はさすがに書けねぇんだわhhhhhhhhhhh
もったいぶったりしてる訳じゃねぇんだけど、すまねぇな^^;

とりあえずアレだ。

アーリーロブストってのは注意しておかなけりゃならねぇ馬かも知れねぇよw
因みに、この馬の今週の追い切り状況は良好だってさw

まぁ、今日もgdgdと書いたが、明日の夜には、マイラーズCとか他のレースについても色々と話を聞いてるかっら、そん時に更新するわw
まぁ、そういう話を楽しみにしてるよって人はクリックしてくれよw



人気ブログランキングへ

にほんブログ村 競馬ブログへ
にほんブログ村

競馬
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。